お勧めの勉強法を教えてください


看護国家試験専門予備校のさわ研究所が先輩受験生に取ったアンケート「お勧めの勉強方法は何ですか?」によると、「過去問題を繰り返す」が一番という結果となりました。

これは本当にやはり誰にどこで聞いてもお勧めされる勉強方法ですよね。実際にみんな最終的な試験勉強はそこに行き着くみたいですね。ちなみに、看護国家試験対策専門予備校のさわ研究所編集の『看護国試過去問完全攻略集』は、16年分の過去問題が収録されているそのボリュームもさることながら、さわ先生が直々に全ての問題の解説に目を通し、手を加えているという充実の内容。そのクオリティの高さから多くの看護学校でも採用されている、もちろん編集部からもお勧めする一冊(分冊12冊ですが)です。

次に多かったのが、「さわ研究所のテキストを使う」。ちなみにこのテキストとは下のページの赤い表紙の『看護国試必修対策テキスト』のこと。必修問題全出題基準のポイント!がびっしり詰まっているので、実習で学ぶときも国家試験のときも共に有効活用が出来ますよ。図表を使用して、ていねいかつ簡潔な文章で書かれていて、各項目をわかりやすく説明。過去に出題されていた必修問題も掲載されているので、ポイントを押さえるにはもってこいの、テキストです。新出題基準の300項目対応版が7月20日発売!

次は「友達と勉強しあう」。友達同士で得意な分野や苦手な分野を補いつつ、勉強しあうのはとっても、刺激的になって、切磋琢磨していくこと間違いなし。

看護の勉強は範囲が膨大なので、過去問題を解たり、学習のポイントのテキストを活用し、必ず国家試験に合格できますよう応援しています。

(アンケートデータ提供:さわ研究所)