レポート指南~第2回 「調べた内容をレポートにまとめる」

レポート指南

このあいだ学校で「膵臓の役割についてレポートにまとめなさい」という課題が出ました。確かに授業で膵臓のことはとりあげたのですが、先生には「授業のノートをそのまま写したり、教科書やインターネットの情報をそのまま写したりしてはいけません」と言われました。教科書や辞典の内容を写さずに、どうやって書いたらいいかわからないので、よかったら教えて下さい。   (埼玉県、専門学校1年)

調べた内容を箇条書きにして、自分なりに整理してみよう

「~~について調べなさい」「~~についてまとめなさい」というレポート課題、取っつきにくいですよね…。質問がふわっとしているので、何をどこまで書いたらよいかもわかりにくいと思います。そんな時は、いきなり文章を書いたりせずに、調べた内容をまずは箇条書きにするところから始めてみましょう

今回は「膵臓の役割」が課題なので、膵臓について辞典などに書いてあることから、「役割」の部分だけを抜き出して箇条書きにします。(今回はついでに、分泌している部位・細胞も書き込んでみました)

さて、これだけでは「膵臓の役割」はよくわかりません。膵臓が出す分泌物が、それぞれ生体内でどんな働きをしているかを説明することになります。そこで、次は「膵液」や「グルカゴン」などの各分泌液について説明を加えましょう。(各項目の説明は、例のように一字を下げて箇条書きにするとわかりやすいです)
膵臓の役割
スペースの関係で全ての分泌液については書けませんが、各物質についてもまとめると箇条書きだけで随分わかりやすくなると思います。ここまで出来れば、後は箇条書きの流れに沿って文章にまとめなおすだけ!膵臓の役割は箇条書きの流れに沿って、「膵臓の役割は次の5つである。1つめは膵液の分泌、2つめはグルカゴンの分泌……。膵液にはタンパク質分解酵素であるトリプシンが含まれ……。」といった形で、文章にしていけば良いのです。これならやれそうな気がしてきませんか?