話し方講座vol.8 ~「話し」の様々な種類~

~「話し」の様々な種類~ナスたま編集部がお届けする、コミュニケーションのワンポイント・レッスンです☆今日は、「話のさまざまな種類」をテーマにお話ししますね。

「話し方講座」をお届けしていて、ナスたまの皆さんから様々な質問をいただけるようになりました(感謝!(^_^) )その中で感じたのは、一口に「話し方」といっても、話の種類ってたくさんある!ということです。今回は、「話すこと」の種類について眺めてみようと思います。

例えば、実習中での話し方といっても、いろいろな形がありますね。患者さんから容態を聞くとき、指導者さんから看護計画についてアドバイスを求めるとき、休憩中に友達とゆっくり話すとき・・・。話す相手、状況によって、さまざまな話の形があります。

そうした様々な形の違いによって、それぞれに名前がつけられています。「会話」や「対話」、「診断」や「議論」、「相談」に「会議」「発表」などなどありますね。大切なことは、その時の相手や状況、また話す目的によって、話し方を選べることではないでしょうか。

そうした違いを知り、選び、使い分けることができれば、あなたも立派なコミュニケーションの達人!ですね。

次回からしばらくは、これらの「話し方の種類」について、1つ1つ取り上げてご紹介したいと思います。それではまた(^_^)/