話し方講座vol.1 ~話し上手は、質問上手~

実習のときに「患者さんとどう話したらいいのか分からない!」という声を、ナスたまの皆さんからよく聞きます。
病気やケガとともに、不安を抱えている患者さん。「どんな声がけをしようか?」と迷ってしまうこと、あると思います。そこで、話し方のワンポイント・レッスンをお届けしますね☆

今日のポイントは「話し上手は、質問上手」です。
話し上手というと、自分の話しをハキハキできるというイメージがありませんか?
「自分から積極的に話さなくちゃ」と感じてしまうことも、あるかもしれません。
ここではちょっと発想を変えて、相手に質問をして投げかけてみましょう。
患者さんが答えてくれれば、それを受けてこちらが話せますよね。

そういえば先日「ナスたまセミナー」に来てくれた看護学生がこんな感想を寄せてくれました。
「こちらが話すよりも、相手の話をよく聴いて、その上でまた投げかけることが大切だと感じた」とのこと。
話しかけるだけではなく、こちらから質問をしてよく聴くことも、大事なことですよね。
コミュニケーションが苦手(>_<)と感じる人は、まずは質問を投げかけてみるといいでしょう。 困ったとき、試してみてくださいね。 ~この講座で取り上げてほしいコミュニケーションに関する話題、悩みなどがありましたら、編集部まで気軽に連絡くださいね(^^)~[/font]